アニメ、マンガ、ゲーム、イラスト、映画、ドラマなど、なんでもありの日々の記録。CGイラストも公開。
by Jet_stream87
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
☆訪問ありがとうございます☆
コメント、トラックバック大歓迎♪当サイトはリンクフリーです。リンクの際に一言ご報告いただけると嬉しいですvv
イザークアイコン"


インフォメーション

お探しの記事は見つかりましたか?
右柱にある「検索」機能に注目!あなたの探したい記事をイッパツで検索・・・してくれるはず(笑)。
どうぞごゆっくり( ^^) _旦~~

外部ブログリンク

Plants Master ~マンガ・自分探求道~
みかん。
お気に入りブログ
ゴジラ ファイナルウォーズ ネタバレ感想
今更ではありますが、昨日(成人の日)に観て来ました。
本来なら「TAXIニューヨーク」が観たかったのですが、一緒に行く父が
既に航空機内で「TAXIニューヨーク」を観ていたため、「Mr.インクレディブル」と
「ゴジラ」の二者択一で「ゴジラ」に決定。

これは後から知ったことなのですが、「ゴジラ」を観るように仕向けたのは
母のようです。「Mr インクレディブル」はこの時間吹き替え版しかやって
いないから、「ゴジラ」の方がいいのでは?と父に入れ知恵したらしく、
父は素直にその意見を受け入れたとか・・。
何を隠そう、母はモスラ好きなので、吹き替えどうのというのは
口実に過ぎず、モスラ見たさにに「ゴジラ」を勧めたと
私はにらんでいます(笑)。

さて、この「ゴジラ ファイナルウォーズ」ですが、観客層としては
小さいお子様連れのご家族が多く、その中にあってJet一家はかなり浮いていました。

入場者プレゼントで「ゴジラ」の起き上がりこぶし(?)を3個ゲットしましたが、
こんなもの貰っても・・・と父は困惑気味。
その上、ワンピース、ロックマンなど、アニメ映画の予告しか流れず(苦笑)。

ただ、本編が始まってビックリ。
これまでのゴジラシリーズのイメージを一蹴してくれます。



主演のTOKIO松岡くんとケイン・コスギがマトリックスさながらの
ワイヤーアクションでバトル。その上、彼らは人ではなく、
人類を超越したミュータントというではありませんか。

ミュータントチームで編成された地球防衛軍×怪獣という、
今までのゴジラ映画では見られないアクションシーンが満載です。
随所で芸能人がカメオ出演しているなど、監督の遊び心も見られます。

ケインの喋りは、始めのほうこそぎこちなく、
緊張感のある場面で雰囲気を台無しにしてくれますが、
ケイン演じる風間が、X星人の円盤のバリヤを破るため、
心臓部に特攻していくシーンを見て、全てを許せる気がしました。

松岡くん演じる尾崎へのライバル心から、風間は何かにつけ
尾崎と対立していますが、最後の最後でイイ奴でした。

円盤心臓部への特攻シーン・・どことなくスターウォーズを思わせます。

さて、ゴジラはというと、南極の氷の中で長きにわたり
眠り続けていたのですが、尾崎たちの乗る轟天号にたたき起こされ、
X星人の送り込む怪獣たちのお相手をさせられます。

寝起きにもかかわらず、ゴジラの暴れん坊ぶりは健在で、
襲い来る怪獣たちを次々となぎ払っていくのですが、
この時のBGMがパンクロック・・・なんとも型破りです。

怪獣ガイガンは赤いグラサンをかけたヤンキーのように見えて
おかしかったです。

モスラも途中で助っ人として現れますよ~。母、大喜び(笑)。
ただ、モスラの戦力はあまりあてにはならないのが悲しいところ。
火達磨になりながらもなんとか怪獣1匹やっつけてましたが、
この後は登場せず、エンディングでイースター島(?)へと帰っていく
シーンがちらりと出ていました。モスラfanには物足りないかもしれません。

ゴジラも、最後に登場する怪獣カイザーギドラにはさすがに
苦戦していましたが、ミュータントのカイザーとして覚醒した
松岡くんのパワーを受けて、ピンチを切り抜けます。
このあたりからして、既に「ゴジラ」映画ではありません。

カイザーとなった松岡くん・・・あなたはマトリックスのネオさんですか?

カイザーギドラを撃退したゴジラは、それでもまだ暴れ足りないらしく、
ついに轟天号に迫り来るのですが、そこにミニラが立ちふさがり、
ゴジラはミニラの制止を聞き入れ、ようやく落ち着きます。

そのままゴジラとミニラが海へと帰っていくところでfin。

往年のゴジラシリーズfanに受け入れられるかどうか
微妙なところではありますが、万人受けする映画だと思います。
私としては結構楽しめました。

ただ、登場する外国人の言語が全て吹き替えのため、
劇場で吹き替え版を見ることのない私にとっては、
多少違和感を感じました・・・・。
お子様には優しい配慮だと思います。
[PR]
by Jet_stream87 | 2005-01-11 23:29 | +映画を語る+
<< 時代錯誤? 年末ジャンボ宝くじ 結果発表 >>